解決事例10

巻き込み事故の過失割合が有利に変更され、兼業主婦の主婦休損が認められた事例

事故態様 原付バイクで直進中にガソリンスタンドに入ろうとした左折車に巻き込まれた事故
事例の特徴 過失割合、休業損害、主婦休損
属性 60代、女性、兼業主婦(パート)
症例・受傷部位 恥骨骨折、左肘頭骨折、左肘関節内骨折
後遺障害等級・死亡事故 非該当
主な損害項目 受任前 受任後
休業損害 約81万円
傷害慰謝料 約135万円
既払い除く支払額 約176万円
治療費等を含む賠償総額 約184万円
交通事故の状況 原付バイクで道路左側を直進中、道路左側にあるガソリンスタンドに入ろうと左折した普通乗用自動車の前部と、原付バイク左後方部が接触し、転倒した事故。
ご依頼内容 物損示談前に相手方保険会社から過失割合が2:8だと主張されていることに納得がいかず、ご相談にこられてご依頼となりました。
対応内容と成果 依頼者によると、相手方車両は左折前に方向指示器を点灯させていなかったとのことでした。 相手方保険会社はそういった事情が無い前提で、通常の左折巻き込み事故の過失割合である2:8を主張していたため、実況見分調書などの刑事記録を取り寄せて精査し、過失割合の交渉にあたりました。
その結果、過失割合について1:9とすることを交渉で認めてもらいました。
また、治療終了後の人身損害の示談の際、相手方保険会社は依頼者の前年のパート収入を基準にして休業損害を算定すべきと主張しましたが、依頼者がフルタイムのパートではないこと、主な収入を得ているのは同居の別の家族であることなどを示し、全年齢の女性の平均収入を基礎年収として算出した主婦としての休業損害の満額を認めてもらいました。
総括・コメント お怪我の治療が一定期間続く場合、治療の終了を待たずに先行して物損の示談をすることが通常です。 その際に、大して金額が変わらないからといって相手方主張の過失割合を前提として示談してしまうと、治療が長引いた場合の慰謝料などの人身損害の賠償額が大きく減ってしまうことがあります。
例えば、保険会社が先行して支払う治療費等が100万円、示談後に受け取る慰謝料等が100万円だとした場合、過失割合が1割変わることで20万円の違いが生まれますので、1:9の場合に80万円受け取れる示談金が、2:8となれば60万円になってしまいます。
過失割合は相手方任意保険会社に全額を立て替えてもらえる治療費なども含めた全体の損害額に対して計算されるためです。 そのため、物損の示談の際でも過失割合に納得がいかない場合は安易に示談に応じるべきではありません。
生計を主に支える同居家族がいて、パートなどの仕事をしつつも家事に従事しているいわゆる兼業主婦の方の場合は、実際の収入より平均賃金の方が高ければ主婦休損を主張することができます。 この主張をしなければ、相手方保険会社も気が付かずに実際の収入を基礎とした計算をしてしまいますし、本件でも弁護士から主張することで平均賃金から算出された休業損害の全額を認めてもらうことができましたので、家事もこなしている方が交通事故の被害に遭われた場合は専門家に相談されることをお勧めします。

その他の解決事例

【解決事例1】事故直後の入院時からサポートを開始し、既存傷害があるものの後遺障害別表第一第2級(神経系統の機能の著しい傷害、随時介護を要する)に認定された事例

【解決事例2】 後遺障害認定後の保険会社からの提示額に不満がありご依頼。交渉にて賠償額が約3倍に増額となった事例

【解決事例3】 バイクにて事故で転倒し、治療中からサポートを開始、後遺障害等級を獲得し、示談で解決した事例

【解決事例4】 相手方保険会社から示談額の提示に納得がいかず、交渉をご依頼された事例

【解決事例5】 個人事業主の休業損害を実質的に認めてもらった事例

【解決事例6】 通院慰謝料について増額交渉してご依頼から比較的早期に解決した事例

【解決事例7】 加害者不明のひき逃げ事例で、被害者側の人身傷害保険への請求額を増額した事例

【解決事例8】 保険会社からの不適正な慰謝料額について、裁判基準ベースの交渉を行い倍増させた事例

【解決事例9】 被害者請求で後遺障害認定(12級)を獲得し、事故当時無職であったが将来の減収分(逸失利益)の損害賠償を交渉で獲得した事例

【解決事例11】ADR(裁判外紛争解決手続)の利用により休業損害と慰謝料増額を獲得した事例