50代男性ひき逃げ加害者不明むち打ち事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例7

加害者不明のひき逃げ事例で、被害者側の人身傷害保険への請求額を増額した事例

事故態様 自転車で直進した際の巻き込み事故
事例の特徴 ひき逃げ、加害者不明、人身傷害保険
属性 50代、男性、会社員
症例・受傷部位 頚椎捻挫、左膝半月板損傷
後遺障害等級・死亡事故 12級
主な損害項目 受任前 受任後
休業損害 30万円 30万円
傷害慰謝料 70万円 100万円
逸失利益 224万円 ※後遺障害慰謝料を含む 480万円
後遺障害慰謝料 ※逸失利益欄参照 280万円
既払い除く支払額 330万円 900万円
治療費等を含む賠償総額 390万円 960万円
交通事故の状況 自転車で交差点を直進しようとしたところ、左折しようとした四輪自動車と側面衝突した。(いわいる巻き込み事故)
ご依頼内容 ひき逃げされて加害者が見つからず、やむなくご自身の保険の人身傷害特約を利用して人身部分の補償を受けようとしたところ、後遺障害は認定されたものの金額の妥当性に疑問があったためご相談にこられ、保険金請求交渉としてご依頼となった。
対応内容と成果 保険の約款を確認したところ、損害項目によっては制限があったものの、特に後遺障害の逸失利益については通常の相手方への請求と基準を異にする理由がなかったため、収入証明書や職場から発行してもらった書類などに基づいて請求を行った。
保険会社にも損害賠償の基準に準じるべきことを認めてもらい、依頼者が満足するだけの増額の返答を得たため保険金を受領して解決となった。
総括・コメント ひき逃げで加害者不明の事案でしたが、ご自身の保険から傷害についての補償を受けられる人身傷害保険に加入していたため加害者に任意保険会社がついている事案と比べても遜色のない補償を受けることができました。
このような場合の他、被害者にも過失があって過失割合により賠償額が減額される場合など、事案によっては人身傷害保険の利用によってよりよい結果が得られる可能性があります。

その他の解決事例

【解決事例1】 事故直後の入院時からサポートを開始し、既存傷害があるものの後遺障害別表第一第2級(神経系統の機能の著しい傷害、随時介護を要する)に認定された事例

【解決事例2】 後遺障害認定後の保険会社からの提示額に不満がありご依頼。交渉にて賠償額が約3倍に増額となった事例

【解決事例3】 バイクにて事故で転倒し、治療中からサポートを開始、後遺障害等級を獲得し、示談で解決した事例

【解決事例4】 相手方保険会社から示談額の提示に納得がいかず、交渉をご依頼された事例

【解決事例5】 個人事業主の休業損害を実質的に認めてもらった事例

【解決事例6】 通院慰謝料について増額交渉してご依頼から比較的早期に解決した事例

【解決事例8】 保険会社からの不適正な慰謝料額について、裁判基準ベースの交渉を行い倍増させた事例