60代会社員むち打ち他、休業損害、通院慰謝料事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例4

相手方保険会社から示談額の提示に納得がいかず、交渉をご依頼された事例

事故態様 追突事故
事例の特徴 休業損害、通院慰謝料
属性 60代、男性、会社員
症例・受傷部位 頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩捻挫
後遺障害等級・死亡事故 非該当
主な損害項目 受任前 受任後
休業損害 29万円 49万円
傷害慰謝料 30万円 66万円
逸失利益
後遺障害慰謝料
既払い除く支払額 65万円 121万円
治療費等を含む賠償総額 121万円 178万円
交通事故の状況 渋滞になっていたため停車したところ、後続車に追突された事故。
ご依頼内容 事故後約5ヶ月間の治療を経て、相手方保険会社から示談の金額の提示があったが、事故後かなりの日数仕事を休まざるを得なかったにも関らず休業損害の額が少なかったことから疑問に感じご相談に来られる。後遺障害が非該当となったことは仕方ないと納得されたが、休業損害と通院慰謝料がかなり低く見積もられていることから増額交渉のご依頼となった。
対応内容と成果 ご依頼後、すぐに治療や休業に関する資料を収集し、裁判基準にて適切な賠償額を算出しました。
お仕事を休まれていた期間については確かに通院頻度などから考えると多少長いとも言えましたが、営業職であることやその職務内容を説明し、賠償に含める期間を延ばすことを相手方保険会社に認めてもらいました。
また、通院慰謝料についても基準に基づくべきと主張した結果、裁判基準の8割強の金額を認めてもらいましたので、ご依頼者も納得して示談が成立しました。
総括・コメント 事故の加害者が任意保険会社に加入している場合にはその保険会社が被害者対応を行いますが、任意保険会社から提示される賠償額は裁判基準に基づくものではありません。
任意保険会社は、被害者に賠償したのちに自賠責保険会社に求償請求して支払った金額の範囲で補填を受けます。そのため、自賠責基準でいくらでるのかというのも提示額を決めるときに考慮していてもおかしくはないものと思われます。その分は支払っても回収できるので任意保険会社としては損をしないためです。
邪推かもしれませんが、本件でもご本人が受けていた提示の内容については、休業損害や通院慰謝料の提示額の算出方法に明確な根拠がなく、賠償総額は自賠責保険の上限額(120万円)をほんの少し超える程度の金額でしたので、上記のような考慮が働いていたのかもしれません。
多くの事案では裁判基準で算出した賠償額は自賠責基準より高くなりますので、我々専門家から具体的に指摘することで任意の交渉でも賠償額の増額を獲得できることが多くあります。
今回の事例はそのいい例といえるでしょう。

その他の解決事例

【解決事例1】 事故直後の入院時からサポートを開始し、既存傷害があるものの後遺障害別表第一第2級(神経系統の機能の著しい傷害、随時介護を要する)に認定された事例

【解決事例2】 後遺障害認定後の保険会社からの提示額に不満がありご依頼。交渉にて賠償額が約3倍に増額となった事例

【解決事例3】 バイクにて事故で転倒し、治療中からサポートを開始、後遺障害等級を獲得し、示談で解決した事例

【解決事例5】 個人事業主の休業損害を実質的に認めてもらった事例

【解決事例6】 通院慰謝料について増額交渉してご依頼から比較的早期に解決した事例

【解決事例7】 加害者不明のひき逃げ事例で、被害者側の人身傷害保険への請求額を増額した事例

【解決事例8】 保険会社からの不適正な慰謝料額について、裁判基準ベースの交渉を行い倍増させた事例