解決事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例

解決事例1

事故直後の入院時からサポートを開始し、既存傷害があるものの後遺障害別表第一第2級(神経系統の機能の著しい傷害、随時介護を要する)に認定された事例

解決事例2

後遺障害認定後の保険会社からの提示額に不満がありご依頼。交渉にて賠償額が約3倍に増額となった事例

解決事例3

バイクにて事故で転倒し、治療中からサポートを開始、後遺障害等級を獲得し、示談で解決した事例

解決事例4

相手方保険会社から示談額の提示に納得がいかず、交渉をご依頼された事例

解決事例5

個人事業主の休業損害を実質的に認めてもらった事例

解決事例6

通院慰謝料について増額交渉してご依頼から比較的早期に解決した事例

解決事例7

加害者不明のひき逃げ事例で、被害者側の人身傷害保険への請求額を増額した事例

解決事例8